新刊サキ読みキャンペーン!『貯金0でも、お金に強い女になれる本』

新刊の見本が手元に届きました。普段している仕事は物理的な形になることがないので、書籍という形で届くのはとても新鮮な気分です。

今回の本は、お金の専門家、ファイナンシャルプランナーの笠井裕予さんと、才能開発と心理学を専門にしている北端の二人で作った「お金×心理学」のユニークな本に仕上がりました。

もともと共著者である笠井さんと編集長が立ち上げた「女性向けのお金本の企画」なので、装丁(本のカバーデザイン)は北端らしくなくありませんが(笑)、多くの女性が経済的に自立するお役に立てばと思っています。

 

タイトルは『貯金0(ゼロ)でも、お金に強い女(ひと)になれる本」。

性別に関係なく、お金に強い人とは、

  • 経済的、精神的に自立している人
  • 今、仕事やお金を失っても、将来の不安なく、自分らしい人生を生きる自信がある人

のことです。

 

一方で、お金に弱い人は、

  • 経済的、精神的に自立できていないと感じている
  • 自立できていても、人生の満足度や幸福度が低い
  • 今は収入はあるけれど、将来を考えるとお金の不安がある

といった傾向があります。

 

興味深いことに、お金に強い人は今の収入や資産の金額に関係なく、お金の不安から自由で、好きな仕事をしています。それはサラリーマンをしていても同じです。

一般的には「収入や資産が増えれば、お金から自由になれる」と思い込んでいる人も多いですが、それは正しくありません。なぜなら、お金持ちでも、「このお金がなくなったらどうしよう・・・」とお金に振り回され、将来に不安を抱えている人もいるからです。

 

その違いがどこにあるのかというと、まず1つは「お金のビリーフ」です。

ビリーフとは無意識の思い込みのこと。無意識のお金に対する思い込みが、「お金に弱いビリーフ」になっている人は、どれだけお金があってもお金にとらわれる人生を過ごすことになります。

一方で、「お金に強いビリーフ」を持っている人は、今の収入や資産に関係なく、お金のせいで夢や幸せを諦めたりせず、自分らしい人生を生きています。

興味深いことに、お金に強い人は、それほど収入が高くない時から、心理的、精神的にお金にとらわれていないのです。彼らがお金から自由なのは「お金の囚われ」、つまり”お金に弱いビリーフ”から”お金に強いビリーフ”に変えたから。

 

今回、執筆にあたりインタビューさせていただいた方々の中にも、昔は「お金に弱いビリーフ」を持っていたけれど、人生のある時期に、「お金に強いビリーフ」に変わったことで、貯金ゼロの状態から働き始め、好きな仕事で経済的自立を実現した人たちがたくさんいました。

よくよく考えれば、お金持ちの家に育った人以外は、働く前に贈与や遺産を受け取るわけではありません。初任給15万円〜20万円といった給料から社会人生活をはじめ10年後、20年後に経済的自立を実現しています。

働き始めたころの話を聞くと、全員、初任給は似たようなものです。高卒で社会に出た人に中には、不利な条件から社会人生活をスタートした人もいます。

けれど、お金に強いビリーフや考え方を持ち、「お金に強くなる行動習慣」、特に、「お金と時間の使い方」を変えたことで、10年後、20年後に経済的自立を実現しています。

 

今回の本では、そんな「お金に強い人」に共通する考え方、時間の使い方、お金の使い方、働き方、才能の活かし方を書いています。

本書のメインテーマを一言でいえば「幸福度が上がるお金との付き合い方」。

お金に強い人は、幸福度が上がるお金の稼ぎ方・使い方・増やし方をしているので、働けば働くほど、お金を使えば使うほど、どんどん人生がうまくいく。そんなライフスタイルの中で生きています。

 

発売日は12/22(金)ですが、「はじめに」と「第1章」をサキ読みできるようにしました。

一章ではお金のビリーフ4タイプを紹介しているので、ご覧いただければ、

  • 今持っているビリーフがお金に強いビリーか、弱いビリーフか?
  • それをどうすれば変えれば、お金に強い人になれるのか?

を解説しています。

2018年、経済的自立や好きな仕事で収入を得るワークスタイルを実現したい方は、ぜひご覧ください。

幸福度の上がるお金の稼ぎ方・使い方メルマガ

ファイナンシャルヘルス・コーチ、北端康良から幸福な人生を実現するための「お金のビリーフの変え方」、「お金の稼ぎ方、使い方、増やし方」、「時間の使い方、「人間関係の作り方」、セミナーの案内などをお届けします。

 

メルマガに登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*