そのお金の使い方で、幸せですか?

「今のお金の使い方を続けて、3年後、5年後、10年後、今よりもっと幸せになっているとイメージできますか?

これはお金の相談にくるクライアントによくする質問の1つ。ほとんどの人は首を縦に振りません。にもかかわらず、今のお金の使い方を続けてきたのは、「幸福度を上げるお金の使い方」を学んだことがないからです。

お金は交換の道具です。

経済的自立・自由を目指すなら、大切なことは手持ちのお金をより価値の高いものと交換すること。貧しい環境から経済的自立を手に入れた人は、そうやってお金持ちになっています。

「お金がない」、「お金が足りない」と思うとき、足りないのはお金の量ではなく、お金をより価値の高いものと交換する能力です。

交換能力が高い人は、お金を使えば使うほど幸せになり、交換能力が低い人は使えば使うほど貧しくなり、不満足感も募ります。

これは個人に限ったことではありません。

政府はGDPを上げるために税金を使い、いろいろな政策を行っていますが、下記のグラフを見る限り、うまくいっているとはいえません。1990年を基準にするとGDPは約1.1-1.2倍になりましたが、幸福度や生活満足度はほぼ変わっていないからです。

内閣府幸福度調査グラフ

内閣府 幸福度に関する研究会報告 ―幸福度指標試案―より

 

この調査が正しければ、政府のお金の使い方はGDPを上げることには役立っていますが、私たちの幸福度や生活満足度を上げるためには役に立っていないということになります。

お金の稼ぎ方や経済成長だけではなく、稼いだお金をどう使えば幸福度や満足度が上がるのか? お金の使い方を見直す時期ではないでしょうか。

経済的成功を手にした人とそうでない人の大きな違いの1つは、お金の使い方。お金のつか方を見直さなければ、お金を増やすこともそのお金で幸福度や生活満足度といった人生の質を上げることもできないからです。

幸福度の上がるお金の稼ぎ方・使い方メルマガ

お金に強い人は、普通の人とお金の使い方が違います。このメルマガでは、ファイナンシャル・ヘルス・コーチの北端康良が、幸福な人生を実現するためのお金の使い方・稼ぎ方・増やし方、お金のビリーフを変える方法、セミナーの案内などをお届けします。

 

メルマガに登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*