お金がないからできないって本当ですか?

先日、受講生が新しい商品販売ページとチラシを見せてくれました。 先月、セミナーで話を聞いたとき、「それ、面白んじゃない?」と私が言ったらしく(覚えていない・・・ ^^;)、早速、作って見せてくれたのです。

印象的だったのは、彼女が 「新商品だからホームページもチラシも変わるかもしれない」、「はじめから20万円も出してホームペーを作るのはもったいない」と言って自作したこと。

今はホームページもチラシもお金をかける必要なく、すぐに作れるので、行動が速い人はどんどん夢を叶えていきます。

続きを読む

幸せになるお金の使い方

経済的に自由になるというと、無意識のうちに 「貯金や資産が増える」 と考える人は少なくないと思います。「幸せ=豊かさ=貯金や資産」というイメージですね。

しかし、いくら貯金や資産が増えても、それで幸せを感じるかというとそうではありません。

経済的に成功している人に話を聞くと「お金=豊かさ」、ではなく「お金は投資するもの」という答えが返ってきます。

理想を実現するために 必要なところにお金を使う。

人生で成し遂げたいことが明確なのです。

もし、今あなたがお金のことで不自由を感じているなら、「本当にやりたいことがぼんやりしているから」 かもしれません。

お金を使った先に、どんな幸せがあるのか?

何にお金を使えば、自分の望む未来は手に入るのか?

お金とのつきあいは、死ぬまで続くもの。

お金のライフシフトを起こしたい人は、そのお金を使うことの意味に、一度向き合ってみることをおすすめします。

お金を使うのに躊躇してしまう人は、ここをチェック!

人生100年時代を考えると、これからは自己投資を予算として組み込みことが必須になってきます。

ところが、お金に対するビリーフ(思い込み)により 自己投資になかなかお金がかけられない、という人もいます。

「お金>私」と「私よりもお金の方が価値が高い」というお金に弱いビリーフを持っていると、「自己投資をしても回収できる見込みがない」と感じてしまうので、お金を失うのが怖くなるからです。

「お金は稼げる」と思っている人は、「価値があるのは自分で、その価値についてくるのがお金」、「 だから  ”私 > お金”」と思っています。

これが自己投資にどう影響するかといえば 「お金 > 私」と思っている間は、お金を失ったり、無くなったりするのが怖いので、自己投資にお金を使えなくなります。 しかし、自分磨きが上手な人は 「私 > お金」と思っているので 「自分を高めるためなら、お金は使ってもいい」になります。

  • その知識や技術があれば、自分自身の価値が上がるか?
  • 人生を豊かにしてくれるか?

お金も、知識も、技術を人生を豊かにする手段です。 その手段を上手に使いこなせれば、 自己投資に躊躇する必要がありません。

彼らにとって「私の価値を高めるためにお金を使う」のは、当然のこと。

「 私 > 知識・技術・資格、お金」 か「知識・技術・資格、お金 > 私」 か。

この違いが、才能開花にも、人生にも大きな違いを生みます。

あなたはどちらの考え方で、生きていますか?

そのお金の使い方で、幸せですか?

「今のお金の使い方を続けて、3年後、5年後、10年後、今よりもっと幸せになっているとイメージできますか?

これはお金の相談にくるクライアントによくする質問の1つ。ほとんどの人は首を縦に振りません。にもかかわらず、今のお金の使い方を続けてきたのは、「幸福度を上げるお金の使い方」を学んだことがないからです。

続きを読む

ファイナンシャルヘルス・コーチ養成講座

ファイナンシャルヘルス・コーチ養成講座

– お金を健康的に付き合い、幸福になるお金の使い方を教える専門家になりたい方へ –

私たちが生きているのは、幸せになるため。お金はそのための「交換の道具の1つ」に過ぎません。しかし、気がつけば、私たちはお金に振り回されながら生きています。

これからの時代、幸福を実現するには、経済的に自立する力と、お金を幸福のために使いこなす力の2つが不可欠です。そのために、

  • 数字をコントロールする力
  • お金の感情整理術

この2つの力をマスターするのが、ファイナンシャルヘルス・コーチ養成講座です。

この講座では、

  1. 収入・支出の管理、収入アップの方法などを通して数字をコントロールする力を、
  2. お金のビリーフ(思い込み)を変える方法を学びながら、お金の感情整理時術を

伸ばし、お金の健康管理のプロ、ファイナンシャルヘルス・コーチを目指します。

続きを読む

お金の心理学ってなんですか?

お金の心理学(Financial Psychology)とは、お金にまつわる人間の心理と行動を研究する科学・学問のことです。

貯金、節約、投資のスキルを学んでお金を増やせる人もいれば、増やせない人もいます。なぜ、同じことを学び、同じノウハウを使っているのに結果が違うのでしょうか? 人それぞれ、お金に対する心理が違うからです。

続きを読む

お金の健康(ファイナンシャルヘルス)ってなんですか?

ファイナンシャルヘルスは財政状態と訳されますが、ここでの意味は「お金の健康度」のこと。

一般的にお金の健康度は黒字か赤字かで判断されますが、黒字や赤字はあくまで結果。その結果を作った原因を見極め、対処法を考えなければダイエット後のリバウンドのように、一時的に黒字なっても赤字に逆戻りしてしまうものです。そこで私たちが考えたのは数字だけで黒字、赤字を判断し、お金の健康度をチェックするだけではなく、お金の幸福度もチェックする方法です。

続きを読む

お金に対する執着心「ある人」「ない人」

先週はラジオ番組の収録東京FM

0から1を生む力」パーソナリティーの前田出先生にお声がけいただき、私のもう1つの仕事、才能心理学を始めたきっかけから、今後の展望までインタビューしてもらいました。

続きを読む

お金で手に入れられないもの

先日、知人が主催する「まぐろの会」のイベントに参加してきました。

まぐろ一匹、解体するところから始まり 焼き、なべ、さしみ、寿司が振る舞われます。 銀座で食べたら1貫3000円するような握りが食べ放題!

ツノ、という市場には決して出ない珍しい部位や脊髄もいただき、マグロ全身を堪能。参加していた中学生は、トロの巻き寿司を丸ごと一本ほおばっていましたよ(笑)

こんな豪華な企画ができるのは、主催者が魚屋さんとお知り合いだから。

お金の不安を持つ人は多いですが、お金で手に入れられないものがあるのも、また事実。その1つは人間関係でしょう。

お金もモノもチャンスも人が運んできてくれるもの。
人間関係はこれからますます重要になる資産ですね。

まさかのリライト!?

先月、編集長と新刊の打ち合わせをしていると 「今回の本、こんな本になったら面白いと思いませんか?」 と新しいアイデアを提案してくれました。

200ページほど書き上げたものの、しっくりきていない部分があったので、編集長も一生懸命考えてくれていたのです。

話を聞けば聞くほど、「そうそう、そういう本にしたかったんですよ!」と意気投合。 結果、リライトすることになりました。

アイデアが加われば全体の手直しが必要なので、原稿も一から書き直しになりますが、クオリティにこだわればこその工程なので、むしろテンションが上がっています。(笑)

出版時期は少し伸びましたが、今よりもっといい本にして、みなさんにお届けできると思いますので、楽しみに待っていてください。