まさかのリライト!?

先月、編集長と新刊の打ち合わせをしていると 「今回の本、こんな本になったら面白いと思いませんか?」 と新しいアイデアを提案してくれました。

200ページほど書き上げたものの、しっくりきていない部分があったので、編集長も一生懸命考えてくれていたのです。

話を聞けば聞くほど、「そうそう、そういう本にしたかったんですよ!」と意気投合。 結果、リライトすることになりました。

アイデアが加われば全体の手直しが必要なので、原稿も一から書き直しになりますが、クオリティにこだわればこその工程なので、むしろテンションが上がっています。(笑)

出版時期は少し伸びましたが、今よりもっといい本にして、みなさんにお届けできると思いますので、楽しみに待っていてください。

価値観はお金の使い方にあらわれます

先日、新刊のゲラをチェックしながら、本のテーマである「お金の上手な使い方」について、改めて考えていました。

何にお金を使うかは、人によって違います。私の場合は、モノより経験派。高校の夏休みにエントリーしたアメリカ短期留学が、その最初の経験でした。

費用は当時の金額で30万円くらい。

「行ったことのない国に行って、未知の経験をしたい」 と思い参加を決めましたが、同級生からは 「それだけのお金があれば俺ならバイクを買う」、「俺ならパソコンを買う」など、さんざん言われたのを覚えています(笑)。

しかし、今でも学びや経験に一番お金を使い、人に学びや経験を提供する仕事をしているのをみると自分にとって価値のあることは、昔から変わっていないんだな、と思います。

お金の使い方をみると、自分が大切にしている価値を知ることができますね。

あなたは何に、お金を使う人ですか?

お金持ちが専門用語を使う理由

「時は金なり」(Time is money)ということわざがあります。

若い時は、経験やスキルがないので 「時間をお金に変える働き方」がメインになるでしょう。しかし、物心ともに、より大きな豊かさを手に入れようと思うのなら 「時間でお金を買う」という視点の転換が必要になってきます。

例えば、お金持ちや成功者たちの会話には 専門用語が飛び交っています。それは、専門用語を使ったほうが会話の時間が短くて済むからです。

時間は有限ですが、 すべての人に平等に、一日は24時間、不変的に与えられています。その一方で、時間の価値は一定ではありません。使い方によって価値を無限大に高めることもできます。

サラリーマンだからとか、起業しているからとか、環境ではなく自分の意識がどこにあるのか。

「時間をお金に変える」 それとも「お金で時間を買う」のか。.

あなたの視点は、いま、どちらにありますか?

はじめにーファイナンシャルヘルス・コーチについてー

「どうして、いつもお金が貯らないんだろう?」

「収入は高いのに、どうして人生に満足度できないんだろう?」

お金の相談に乗ると、そんな悩みを持っている人に出会います。

日本ではファイナンシャル教育(お金の教育)が一般的でないせいで、基本的なお金の稼ぎ方、管理の仕方、使い方、増やし方を知らない人が多いのも事実です。

しかし、それ以外にも、お金のことで悩む理由があります。それが「お金のビリーフ」です。お金の心理学を学んだ方は知っていることなのですが、私たちは育った環境や、親のお金の使い方から想像以上に影響を受け、“お金のビリーフ”(お金観)を作り上げています。

続きを読む

ファイナンシャルヘルス・コーチ&講師 北端康良

北端康良

ファイナンシャルヘルス(お金の健康) コーチ。
才能開発とお金の心理学の専門家。

大阪市立大学法学部政治学科卒 。
13年間で5,000人のカウンセリング、300名のカウンセラーを育成した経験を元に、「才能開花の心理メカニズム」を解明し、才能心理学を体系化。3つの質問で才能を引き出す才能プロファイリングを開発する。

才能をお金に変える方法を指導するうちに、「健康的なお金の稼ぎ方・使い方」の重要性に気づき、コーチングを開始。

クライアントの中には左遷支店からエリート支店に栄転した金融マン、顧問料金が2倍になった税理士、趣味のフラダンスで起業した主婦、子供の才能を伸ばしたい親などがいる。

「大人が才能に目覚めてイキイキすれば、その姿を見て育つ子供も未来が楽しみになる」をモットーに講演・セミナー・執筆活動を行っている。 趣味は「世界を眺める新たな視点を見つけること」。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」「貯金0でも、お金に強い女(ひと)になれる本」(経済界)。

公認会計士 岡本琢磨

岡本琢磨

公認会計士

フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール
「BEYOND THE BORDER(ビヨンドザボーダー)」代表

フィリピン・セブ 英会話スクール
「旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD(
クロスロード)」代表

著書『キャリア・シフト~人生戦略としてのアジア就職~』(経済界)

公認会計士、IPO・事業再生コンサルタントとして日本で6年間コンサルティングファームに勤務後、夫婦で1年間の世界一周の旅に出る。

旅行中の経験をもとに、旅人を支援する英会話スクールCROSS× ROAD をフィリピン・セブに設立し独立起業。800 名を超える若者と対話し、彼らの考え方や状況を理解する一方、自身の海外起業や旅の経験、公認会計士・コンサルタントとしてのキャリアから海外就職を中心に新しいキャリアパスを提案している。

また、アジア主要都市を周り、日本人の転職状況を把握し情報発信を行うとともに、セブにキャリアデザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERを設立し、ビジネス英語に特化した教育と海外キャリア構築のサポートをしている。

「『普通の人』が世界を舞台に活躍出来る環境を作り、その手伝いをすること」「自分らしく生きる日本人を増やしていくこと」をミッションに経営・執筆・講演などを行っている。

 

税理士 鈴木宏典

鈴木宏典

鈴木宏典

税理士

同志社大学大学院卒。㈱ゼニックスコンサルティング等を経て、平成23年税理士法人SS総合会計入社。

事業計画作成・経営会議運営・ビジョン策定会議運営・経営者・社員モチベーションアップのためのコーチング等を専門とする。人材育成の指導にて外資系保険会社の売上UP他、実績多数。